包茎手術、治療の費用比較と手術の方法と失敗談 (東京、千葉、埼玉、茨城、神奈川、栃木、群馬)

包茎手術 亀頭直下埋没法には大きな落とし穴があります・・・・








「包茎」⇒「露茎」
「短小」⇒「増大」
「早漏」⇒「持続」


上記3点は、
自宅でのストレッチ&ケアで短期間に実現できます。



「包茎矯正」というと、
包茎専門クリニックでの手術が盛んに宣伝されておりますが、

包茎手術は非常にリスクが高い
ということを理解する必要があります。


泌尿器科も含めて一般的に行われている環状切開術は
包皮外板(茶褐色の包皮表)と
包皮内板(ピンク色の包皮裏)を縫合しますので、

その境目ではっきりと色が別れ、
必ずツートーンになってしまうのです。


ツートーンが目立たなくなるまで何年もの期間を要しますし、
何年経っても、そのままだというケースも実際にあります。

恥ずかしくて、
温泉で前を隠すどころか、
行く気持ちにすらなれなくなります。



この問題を是正したのが、亀頭直下埋没法という術法です。


亀頭のカリ部分で縫合するため縫合痕が目立たず、
見た目には手術したことがわかりにくい、という利点があります。


現在、包茎専門クリニックが
それを「売り」に盛んに宣伝していますが、

見出しで書いた通り、
この方法には大きな落とし穴があります・・・・
詳しくはこちら


元々のペニスの状態の違いがありますので、その方によって効果のスピードは違いますが・・・